ホーム > コラム > 落款を作ってみました

落款を作ってみました

2012 年 1 月 20 日 コメントをどうぞ コメント

たまには工作的なことでもやってみようと思い立ち、落款を作ってみました。

と言っても全くの素人、彫刻刀なんて持つのは15年振りぐらいじゃないでしょうか。
まず彫り方がわからない。
どんな木を使えばいいのかもわからない。
わからないことずくめでした。

まぁとりあえず彫刻刀と板さえあればなんとかなるだろう、ということで、まずは彫刻刀と板をゲット。
彫刻刀は、学生時代に使っていたのが残っていました。

板は、かまぼこの板と、実家に転がっていた木と、兄にもらった彫刻用の板と、3種類を揃えました。

まずはフォント探し。
試しに「晴々屋」の屋号でも彫ってみよう、ということで、かっこよさげな文字を探します。
篆書体がかっこ良さそうだ、ということにたどり着くのに30分。
そのなかで「晴々屋」の篆書体を探すのに1時間。
お手本になる字を探すだけで1時間半もかかってしまいました。

そしてこれを手書きで白紙に書き写します。
その後、これを裏返しにして、カーボン紙で木に写します。
要は、裏返った状態の文字を木に書き写すわけですね。

でやっと開始。
かまぼこの板でできるだろう、とやってみたら、全然彫れず・・・。
なんか湿ってると言うか、かまぼこの板自体に水分があるようで、うまく削れないんですね・・・。
まさかそんなことになるとは。
全然知りませんでした。

ということで、彫刻用の板を兄からもらったので、それでやってみると、ぜんぜん違う!
やっぱ専用の木ってのがあるんですね。
これだとスイスイ彫っていけます。

とはいえ、不器用この上ない僕のことなので、全く進みません。
というか、この作業、難しすぎる!!
綺麗に彫れないし、手が滑って必要な部分を削ってしまったりで、3回ぐらいやり直しました。。。
ほんと難しいです。

たぶん彫刻刀が悪いんだ、と道具のせいにしつつ、でもそうも言ってられないので、なんとか3時間ほど粘ってようやく「ぽい」ものができました。

ほんとむずかしかったです。

作り終わってからよく考えると、フォントを別に探さなくても、
ロゴに「晴々屋」って文字が入っていたじゃないか!
ということで愕然としましたが・・・。
次はロゴのフォントで作ってみます。

やってみて思ったこと。

  • もうちょっと細かい彫刻刀が必要。(細い所が彫れない)
  • ヤスリも必要。(最後に面を平らにしないとちゃんと押せない)
  • 作ったはいいが、どういうシチュエーションで押すか考えてなかった(ハガキには使いにくい?)
  • 木くずがちらばらないようにする工夫が必要。(掃除が大変)
  • ものづくりは大変(一つのミスが今までの作業を台無しにすることも)

など。
学びの多い時間でした。

とりあえずの試作品、ということで。
また時間があれば次回作にチャレンジしてみたいと思います。
それにしても、もうちょい器用だったらなぁ・・・と思わずにはいられません・・・。

 

カテゴリー: コラム タグ:
  1. 2012 年 1 月 20 日 15:57 | #1

    お疲れ様でした…(^^)/

    また再チャレンジするのなら…

    細やかな文字を彫る際には彫刻刀だけで彫るのでははなく、下記のようなカッターナイフで
    まず文字のアウトラインを取るほうが良いと思いますよ。ワタシならそうします。
    http://goo.gl/X7VYO

    それから文字の間を彫っていく… のがエエのではないでしょうか?

    何れにせよ2回目、3回目になってくるとコツとか判ってきて楽しめますね!
    また見せて下さいね~

  2. 中園
    2012 年 1 月 20 日 16:06 | #2

    熊谷さん、ありがとうございます!
    そうですそうです。僕もカッターナイフでアウトラインをなぞってから彫刻刀で彫りました。
    それでもなかなか細かいところは難しいですね~。
    写真ではでかく見えますが実際には小さいので、途中でもっと大きくしとけばよかった・・・と後悔しました(^_^;)

    また色々教えて下さい~!

  1. トラックバックはまだありません。